白鳥晴都wikiプロフィール/ドラマ・映画出演など経歴まとめ!

2022年8月11日より映画「ぜんぶ、ボクのせい」が公開されました。

この映画で主演を務めるのが白鳥晴都(しらとりはると)さん。

映画公開時は若干14歳の若手俳優さんです。

白鳥晴都さんは2021年に俳優デビューしたばかり・・・

映画出演は2作目・・・

デビューしてまだ2年目の新人俳優、しかも映画出演2作目にして主演ってすごくないですか⁉

相当、俳優としての評価が高いということなの?

これは白鳥晴都さんに興味津々♪

今回は白鳥晴都さんのプロフィールや経歴について調べてみました。

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

白鳥晴都・Wikiプロフィール

まずは白鳥晴都さんのプロフィールについて見ていきましょう!

白鳥晴都のプロフィール

白鳥晴都(しらとりはると)プロフィール
  • 生年月日:2007年12月17日(14歳 ※2022年8月現在)
  • 出身地:静岡県
  • 身長:164cm(2022年現在)
  • 趣味:読書
  • 特技:ピアノ
  • 座右の銘:「一期一会」
  • 事務所:スターダストプロモーション

白鳥晴都さんは2007年12月17日生まれ。

静岡県出身で2022年8月現在、14歳の中学3年生になります。

写真を見るとまだ可愛らしさも残っていますがかなりの美少年。

将来はイケメン俳優として人気が出る予感のする顔立ちです♪

身長は164cmとのことですが、映画の撮影時から身長が15cmも伸びたそうですよ!

これからまだまだ伸びていくかもしれませんね・・・。

好きな食べ物は和菓子全般で特にどら焼き!

あんこが大好きだとか・・・

あんこが好きになったきっかけは修学旅行で浅草に行った時に買った人形焼。

そして嫌いな食べ物はピーマンとナス。

このあたりは少年らしいですね(笑)

インスタでは自身でパスタを作った写真も投稿されていました。

唯一の得意料理とコメントしていましたよ!

ちなみに好きな恋愛対象のタイプは「優しくて、笑顔の素敵な人」。

同じ事で一緒に笑ってくれる人が嬉しいと語っていました。

好きな言葉は「一期一会」。

人との出会いを大切にしていきたいとのこと。

白鳥晴都さん曰く、言われた事を何でも信じてしまう性格で、純粋・天然とよく言われるそうです。

また、不器用な分、人の何倍も努力するように心がけているとも語っていました。

お母さんが一度決めたらそれに向かって努力する人とのことで、そんなお母さんの姿を見て育った影響も大きいでしょうね。

中学3年生にしてとてもしっかりしています。

そして純粋で真っ直ぐな人という印象を受けました!

特技はピアノという多才な面も!

ピアノはお母さんとお姉さんの影響で4歳から習い始めました。

小学4年生の時、お姉さんと一緒に連弾したコンクールでは金賞を受賞しています。

緊張したけれどすごくうれしくて、もっとピアノが好きになったそうです。

得意なジャンルはクラッシク音楽。

特にショパンの「ワルツ 遺作」という曲が得意とのこと。

今でもピアノを触らない日はほとんどないそうですよ!

これまでに出演したドラマの中でもピアノ演奏を披露していました。

友だちと遊ぶ時は映画を見に行ったりゲームをしたりするそうで、最近、見に行った映画で印象に残っているのは「死刑にいたる病」。俳優さんの演技が凄かったとのこと。

好きな映画は瀬々敬久監督「糸」「護られなかった者たちへ」。

瀬々敬久監督の作品が好きと語っていました。

 

白鳥晴都の学歴は?

白鳥晴都さんの学歴について調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。

静岡県出身ということで、おそらく静岡の小学校、中学校に通っていたと思われます。

現在は東京に在住という情報もありますので、東京の学校に通っているかもしれませんね。

転校先では数学部に入って宿題をしたり勉強をしたりしながらゆるく活動しているそうです(笑)

本人いわく、学校では学級委員も経験したことがあるとのこと。

また、高校受験を控えている白鳥晴都さんは、学校選びに悩んでいるとインタビューで答えてました。

本人は勉強が苦手とSNSでコメントしていましたね・・・

受験を控えながら俳優の仕事もこなすのは大変だと思いますが、是非、自分の目指す高校に進学していただきたい!

 

白鳥晴都・芸能界入りのきっかけ

白鳥晴都さんが芸能界入りしたのは2019年、スカウトがきっかけでした。

白鳥晴都さんが家族で原宿に行った時に声を掛けてもらったとのこと。

小学校5年生の時から何度もスカウトされ、「だんだんやってみたいな」という気持ちが芽生え、小学校6年生で芸能界入りしました。

「小学校の頃から東京に遊びに来ていて、何度か声をかけられ、お母さんから『大変な世界だから、強要はしないけど、やってみる?』と言われたんです。『やってみたい』と言ったら、協力してくれて。今、こうしていられるのは、お父さんお母さんが協力してくれたおかげです」

引用元:ENCOUNT

芸能関係者が何度もスカウトしたいほど、白鳥晴都さんには光るものがあったんですね。

お父さん、お母さんへの感謝の気持を忘れていないのも素晴らしいです!

最近ハマっているのが映像編集とのことで、父の日や母の日、家族の誕生日には動画などを作ってプレゼントしているそうです。

家族で美味しいご飯を食べに行ったりしたときが一番幸せを感じるとも言っていました。

また、インタビューで「一度だけ魔法が使えるとしたら?」という質問に対して、

「おじちゃんとおばあちゃんを生き返らして、自分がやってきた仕事を見せてあげたい」

と答えていました。

家族思いの優しい白鳥晴都さんの人柄が垣間見えますね。

白鳥晴都さんが好きな漢字は「優」

「優しさ」を常に忘れないようにしたいとのこと。

ほんと素晴らしい!

宝物は今まで出演した作品の台本だとか・・・

出演した作品が公開されるときには台本を見返したりしているそうです。

スポンサーリンク

白鳥晴都・ドラマ・映画の出演歴

ここからは、白鳥晴都さんの俳優として出演した作品を見ていきましょう!

 

白鳥晴都・2021年の出演作品

白鳥晴都さんの俳優デビューは2021年。

Nintendo Switch 「タイピングクエスト」の プロモーションムービーに出演していました。

 

俳優デビュー1年目の2021年、ドラマでは以下の作品に出演しています。

【2021年】

・第32回フジテレビヤングシナリオ大賞『サロガシー』(3月24日)
・フジテレビ『痛快TVスカッとジャパン』(9月6日)
・日本テレビ『二月の勝者』3話 山崎役(10月30日)
・TBS『婚姻届に判を捺しただけなのに』第3話、第9話(11月2日、12月14日)
・テレビ東京系 月曜プレミア『再雇用警察官3』(12月13日)

引用元:スターダストプロモーション

 

2021年9月6日放送のフジテレビの人気バラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」では、《清塚信也の実体験》「天才を救った奇跡の助言」で清塚少年役を演じました。

このエピソードドラマの中で清塚信也さんの少年時代を演じている最中には、ピアノ演奏も披露していました!

白鳥晴都・痛快TVスカッとジャパンに出演

ピアノが得意な白鳥晴都さんにピッタリの役ですね!

 

2021年10月31日には、日本テレビのドラマ「二月の勝者」の第3話に生徒役で出演。

 

2021年10月から放送されたTBSのドラマ「婚姻届に判を捺しただけなのに」では、第3話、第9話に坂口健太郎さん演じる百瀬柊の中学生役で出演しました。

こちらは、演じた百瀬柊の髪型にカッコよくセットしてもらっている白鳥晴都さんの写真です。

ドラマの撮影中は先輩の役者さんたちにも優しくしてもらい、また演技を見て凄く勉強になったとSNSでコメントしていました。

 

また、20121年12月13日放送のテレビ東京系 のドラマ「再雇用警察官3」日下部崇明の幼少期の役出演しました。

燃え上がる炎を見つめる白鳥晴都さんの表情は、爽やかなイメージとは全然違います!

 

白鳥晴都・2022年ドラマ出演作品

2022年になってからも白鳥晴都さんはドラマに出演しています。

2022年、8月現在までの出演作品はこちら!

【2022年】

・テレビ東京 ドラマ24『シジュウカラ』 第2・3・6話 橘千秋 幼少期役(1月14日~)
・WOWOW『神木隆之介の撮休』第2話「嘘から出た何か」(1月14日)
・読売テレビ『ケイ×ヤク』第10話 中学生時代の大須 匡役(3月17日)
・日本テレビ『泳げ!ニシキゴイ』 第8話 小野役(7月28日)

引用元:スターダストプロモーション

 

2022年1月14日から放送されたテレビ東京のドラマ「シジュウカラ」では、第2・3・6話で板垣李光人さん演じる橘千秋の幼少期役で出演しました。

 

2022年1月14日には、WOWOWドラマ『神木隆之介の撮休』第2話「嘘から出た何か」に出演。

このドラマは神木隆之介さんの休日の過ごし方を描かれたドラマ。

白鳥晴都さんは神木隆之介さんの中学生の頃を演じました。

髪の毛の分け目も神木隆之介さんと一緒のようですね(笑)

白鳥晴都さんは2007年生まれ。

2007年は神木隆之介さんは中学2年生でした。

2007年に中学生だった神木隆之介さんを、2007年生まれの白鳥晴都さんが演じているのは何か縁を感じますね・・・。

二人共、きれいな顔立ちをしているのも共通していますし、将来、神木隆之介さんのように美しくて魅力ある俳優さんになってくれると嬉しい!

 

白鳥晴都さんはその他にも、

2022年3月17日放送の読売テレビのドラマ「ケイ×ヤク」第10話で吉村界人さん演じる大須匡の中学時代の役で出演。

また、2022年7月28日放送の日本テレビのドラマ「泳げ!ニシキゴイ」第8話 に生徒役で出演しました。

この時は、福くんこと鈴木福さんと同級生の役でした。

スポンサーリンク

 

白鳥晴都・演技未経験で挑んだ「とんび」でスクリーンデビュー!

2022年の白鳥晴都さんは映画にも出演しています。

白鳥晴都さんを語る上で、今からご紹介する映画2作品は欠かせないでしょう・・・

まずは映画「とんび」。

この映画は阿部寛さん主演で2022年4月8日から公開されました。

この映画は重松清さんの小説が原作でドラマ化もされた名作ですね。

白鳥晴都さんは北村匠海さん演じる市川旭の幼少期役を務めました。

白鳥晴都・「とんび」でスクリーンデビュー

画像引用元:haruto_shiratori  Instagram

 

監督は白鳥晴都さんが「好きな監督」と言っていた瀬々敬久監督です。

白鳥晴都さんはこの役をオーディションで勝ち取りました。

オーディションでは「人がいっぱいいるな」とは思ったものの、リラックスして全力を出せたと感じていたとのこと・・・

まだ若いのにすごいですね(笑)

でも、受かった時はびっくりしたとの事でした。

父親役の阿部寛さんとの入浴シーンでは前貼りの貼り方を教わったとか・・・(笑)

阿部さんとは「最初の撮影が風呂なんだね」と話した記憶があります。阿部さんは「こうやって貼るんだよ」と、前貼りの貼り方を真剣に教えてくださって(笑)。すっごく気さくな方で優しく話しかけてくださったので緊張が解けて、リラックスして挑めたと思います。

引用元:W「ONLINE」

白鳥晴都さんは、阿部寛さんので演技を目の前で見て凄く衝撃を受けたとも語っていました。

この映画を撮影したのは白鳥晴都さんがまだ俳優デビューする前、演技も未経験の中学1年生のときの年末。

北村匠海さんにバトンを渡す役だったので、プレッシャーや緊張感もすごくあったとのことですが、「阿部寛さんがリラックスさせてくれて無事撮影を終えられた」と語っていました。

それにしても演技未経験ながらオーディションに合格しスクリーンデビューとは・・・

白鳥晴都さんの俳優としての可能性を感じずにいられません!

 

白鳥晴都・「ぜんぶ、ボクのせい」で映画初主演!

次にご紹介するのが2022年8月11日から公開されました映画「ぜんぶ、ボクのせい」。

白鳥晴都さんは、映画出演2作目にしてなんと主演の松下優太役を務めています!

主人公の松下優太は母親に捨てられ、児童養護施設で暮らす中学生。

オダギリジョーさん、松本まりかさんなど、先輩の実力派俳優たちを前にしても、堂々とした演技で存在感を発揮していますよ!


この映画の主役もオーディションで射止めました。

白鳥晴都さんは主役に抜擢された時、家族で喜びあったそうです。

とにかく嬉しいの一言で、家族で飛び跳ねて喜びました!それと同時にプレッシャーもありましたが、このチャンスを絶対に活かしたいという気持ちになりました。

引用元:exciteニュース

白鳥晴都さんは、撮影中は本当に優太になったつもりでずっと生活をしていました。

また、クランクインの前から監督の松本優作さんとも何度も話し合い、公園でマンツーマン練習を行うなど、二人三脚で役への理解を深めていったそうです。

演技経験がほとんど無かった白鳥晴都さんは、演技という感覚ではなく、なるべく自分の思ったり感じた事をナチュラルに表現していこうと思っていたとのこと。

「言葉でなく、目で気持ちを表現する事が難しかった」と語っていました。

SNSには、白鳥晴都さんについて早くもコメントが寄せられていますよ!

白鳥晴都さんに対するコメント
  • 映画「ぜんぶボクせい」初日舞台挨拶に行ってきました。 主演白鳥さん演技、主人公優太孤独や坂本と出会ってから変化がすごく感じ取れました。 色々なことを考えさせられる凄く心に残る作品でした。
  • 主演白鳥晴都死んだ目演技が絶品。
  • 白鳥晴都、川島鈴遥は今後が楽しみ。 オダギリジョー得体知れない雰囲気、影を漂わせた感じ良き。
  • 主人公を演じた白鳥晴都、すごい眼をしている。
  • 映画『ぜんぶボクせい』完成披露上映会・舞台挨拶に行ってきました  主演白鳥晴都くん(14)は孤独を抱えた少年・松下優太役に真っ直ぐ向き合った素晴らしい演技をしていました… 物語は決して明るくないものですが是非晴都くん活躍を沢山人に見てもらいたい…
  • ぜんぶボクせい予告動画見たんだけど、子役白鳥晴都くんという子演技が凄く良くてファーてなってたんだけど、オーディションで選んだそうでオーディション有用さを改めて感じた 柳楽くんみたいなタイプなのかな

白鳥晴都さんの演技が高く評価されていましたね。

特に目の演技が素晴らしいとの声が多く見られました。

白鳥晴都さん自身、目で表現することが難しかったと語っていましたが、映画を観た人にはしっかりと伝わっていたようですね!

ちなみに白鳥晴都さんは、この映画の主題歌・大滝詠一さんの「夢で逢えたら」 のミュージックビデオにも、共演した川島鈴遥さんらと共に出演しています。

スポンサーリンク

 

白鳥晴都・俳優としての可能性に期待しかない!

「ぜんぶ、ボクのせい」で見事、主役を演じきった白鳥晴都さん。

この映画で白鳥晴都さんがはなった存在感は強烈だったに違いありません。

今まで白鳥晴都さんを知らなかった人たちの中にも、彼の演技を見てファンになった人もいるのではないでしょうか?

白鳥晴都さんは、芝居について最初は「恥ずかしいな」と思っていたそうですが、芝居を始めて今まで知らなかった自分を見つけられたし、最初にオーディションに受かったことで、選ばれるうれしさを感じて、もっとやってみたいと素直に思ったとのこと。

今、熱中しているのも演技の勉強。

「今までこんなにやりたいと思った事に出会った事が無く、初めて自分からやりたいと心から思いました。」

と語っていました。

白鳥晴都さんは、将来、サイコパスのような二面性を持った役やピアノを弾く役もやってみたいとか・・・

また、映画でお世話になった松本監督や瀬世監督の作品に大人の役で出たいとも語っていました。

今後、白鳥晴都さんが大きな注目を浴びるのは間違いない!

これからも白鳥晴都さんを応援したいと思います!

スポンサーリンク